多数アンカー式補強土壁

アンカープレートの引抜抵抗力を利用して盛土を拘束するとともに壁面に作用する土圧に抵抗して安定した盛土を構築することが出来ます。
盛土上部の使用目的に適合していれば、現地発生土(粘性土、砂質土等)の有効利用ができ、それぞれに適したフレキシブルな設計が可能です。
「(財)土木研究センター」編集による設計・施工マニュアルに基づいて施工される安全な工法です。

テンサーVIG工法・ヴィーグル

テンサーVIG工法は三菱化学産資株式会社との共同研究により開発した工法です。
背面盛土に対する拘束効果が大きく、補強土壁の変形を抑えることが出来ます。
ヴィーグル(VIGパネル)同士を上下、左右連結することで壁面工全体の一体化、変形抑制効果が得られます。
背面盛土の圧縮沈下に対して高い追従性を有しております。連結方法は特許取得しています。