リーフロック

重心が低く、相互に連結されるため安定性に優れた構造です。
縦横寸法が同一なため割付が容易です。
層積みにも対応でき応急的な災害復旧にも対応できます。

リップラップ

岩状の河床を形成することによって微生物や魚介類に摂餌場所や休息場所を提供します。
水深の浅い場所では、せせらぎを演出し溶存酸素量を増大させます。
玉石の風合いは河川本来の美しい景観を再現します。

タイトロック

相互のかみ合わせが良く、配列したブロックは一体構造になります。
平面空隙が小さく、局所洗掘を防止します。
すわりがよく、屈撓性に富み地盤の変動によく追随します。
適度な粗度を有し減勢効果もあります。
交互に配列する突起・目地が波の遡上を抑制します。

メタクロス

組み合わせ配列したブロックは一体となり波力・流水に対して堅固な強さを発揮します。
局部洗掘や現地盤の不等沈下に対応して屈撓し安定します。
単純な形状のため製作・施工が容易です。

3連ブロック

ブロックのかみ合わせが良く屈撓性に富むため、河床の洗掘に対して柔軟に追従できる経済性に優れたブロックです。
専用の吊鉄筋を取り付けることで、2層積みでブロックの備蓄ができます。
無線動作重機を使用し、緊急ハード対策としての無人化施工に対応します。

ストーンブロック

ストーンブロックは、河川の根固工・護床工から海岸の人工リーフやマウンド被覆工まで幅広く使用できるように開発した省力化ブロックです。
重心が低く、波や流れに対して安定です。ブロックに設けた円孔は揚圧力を軽減します。

アクモン 標準型

層積ブロック間の連結も容易で、層積も群体として屈撓性に追従した護岸工・護床工・根固工等の効果が期待できます。
乱層上下・左右に突起がありブロック重心が低く、嚙合せが良い、流水力や波浪力に対してもブロックの舞上りや転出・流失が少ない。空隙率(57%)KD値(10)で安定した構造物が期待できる消波・根固用ブロックです。

コンバリアS

無人化施工ができる吊り下げ用孔を中央に有しています。
遠隔操作カメラで確認出来る、目印の溝が付いています。
ブロック上下の凹凸をが噛合い、一体化が図れます。
砂防えん堤から床固工・護岸工・護床工など幅広い用途に活用できます。
設置勾配は垂直積みが可能です。
裏面の参考配列例をご覧ください。
有人施工や根固め用に、吊り・連結用フックを有しています。

せき流

現場打ちコンクリートで対応していた自然石による粗石付き斜面をプレキャスト化した製品で、施工性、経済性を飛躍的に改善した護床工を兼ねた魚道ブロックです。

クロスブロックF型

組積みした被覆層は粗度としての脚部突起と有効な連通空隙部で構成され遡上波を減少させ進入波は連通空隙部へ吸収されて散乱し、相殺されることで、消波効果を発揮します。
ブロックは3点の脚部で支持され変形地盤においてもなじみが良く安定した姿勢を維持するとともに、脚部が広いことから波力による転倒や滑動に十分に抵抗し高い安定性を発揮します。

棲流

植物、魚類、鳥類などの生物が安心して生息できる空間を提供し「豊かな川」を創造します。
在来の河床材料や間伐材を有効利用できる護床工を兼ねたブロック法です。

コンクリート沈床工

木工沈床と比較し、耐久性に優れています。
間詰めをする石の空隙等により、動植物の生息空間を提供できます。
河川の規模、水深により床幅と層建が適宜に設計可能です。

ログフレーム

従来の木工沈床と比較して耐久性、安定性に優れています。
本体の連結により地盤の洗掘に対して適度な追随性を持っています。
上部は動植物の生息空間を有している構造となっています。
ブロック構造より工期を大幅に短縮し作業の省力化が可能です。

リップル

千鳥状に配列しブロック相互を連結することにより群体としての安定性も確保されます。
階段式の形状は波の遡上を抑制し有孔タイプでは、ブロック背面側の波による揚圧力を軽減し優れた安定性を発揮します。